犬のお悩み体験談

【犬の目やに・涙やけ】本当の原因をわかっていますか?

マルチーズ目やに

生理現象による正常時の目やにであれば心配はいりませんが、注意が必要なのは急に目やにが増えたり、色のついた目やに、ネバネバした粘性のある目やにが出ているときです。

愛犬の「目やに・涙やけ」がなかなか治らずに悩んでいる方は「病気・予防とケア・フード」など多角的に捉えてみることで、改善への第一歩を踏み出せるかもしれません。


 

犬の目やに。こんな症状は要注意

  • 黄色や緑色など、目やにに色がついている
  • 粘性のベタついた目やにが頻繁についている
  • 目が充血している
  • 目をしょぼしょぼさせたり、細めたりする
  • 顔を床などにこすりつけるようなしぐさをする

 
<異常な目やにが出ていたら病気を疑って>
黄色や緑色っぽい色の目やには、何らかの感染や炎症なども疑われます。また、異常に目を気にしてこするようなサインにも注意が必要です。下記に犬の目の病気をいくつかご紹介します。

病名病気の特徴備考
乾性角結膜炎
(ドライアイ)
〇 涙量の低下、涙液の性質変化などが原因で眼が乾いてしまう病気です。ベタベタした黄色や緑色っぽい目やに、眼の充血などの症状があります。
〇 角膜潰瘍を引き起こすこともあります。重症化すると視力障害や失明もあるので早めに治療しましょう。
〇 ブルドッグやシーズー、チワワ、パグ他、比較的かかりやすいと言われる犬種がいます。
流涙症〇 目に異物が入る、角膜炎や結膜炎、鼻涙管の詰まりなどが原因で発症することがあります。
〇 症状は涙が常に流れていたり、まぶたが腫れたり、目やにが出ることもあります。
〇 いつも涙を流しているため涙やけが起きたりもします。
結膜炎〇 症状として白目の充血、目やにの増加などがみられます。
〇 結膜炎には細菌性結膜炎、ウイルス性結膜炎、アレルギー性結膜炎などいくつかの種類があります。
〇 粘性のある黄色っぽい目やにが出たり、かゆがっている様子がないか注意して下さい。
角膜炎〇 逆さまつ毛など、まつ毛の異常により、まつ毛が眼球に当たり角膜を傷つけてしまう。
〇 または目にゴミなど何か異物が入ってしまい傷つけてしまうなどが原因で、角膜炎を起こしてしまうことがあります。
〇 角膜に傷がつくと細菌などにも感染しやすくなり、放置しておくと感染性角膜炎を引き起こす可能性もあります。早急に治療をしたほうがよいでしょう。
眼瞼腫瘍〇 まぶたにできる腫瘍です。老犬はより発生リスクが高まります。
〇 まぶたに塊状のできもの(腫瘤)ができ、目やにや充血を伴うことがあります。
〇 処置が早ければ手術の負担も少なくてすみます。
〇 まぶたに何かデキモノができていないかチェックしてみましょう。
 
 

普段からのお手入れで犬の「目やに・涙やけ」を予防しよう

切られた犬毛ゴミ

病気による目やにでなければ一安心ですが、普段からケアをすることで角膜炎などの予防にもつながります。予防のために飼い主ができることは沢山あります。

〇目のまわりの毛を切る
目のまわりの毛が眼球に触れてはいませんか?
目のまわりの毛が長い犬は、目の中に毛が触れたり刺さったりしていないかチェックして下さい。角膜を傷つける可能性もあるので、伸びているようならハサミで短く切ってあげます。そのついでに目にゴミが入っていないか、充血していないかなど確認する習慣をつけます。

〇蒸しタオルで顔を清潔に
顔が汚れていませんか?
シャンプーを毎日するのは難しいし負担もかかります。でも顔を拭いてあげるくらいなら大丈夫。柔らかいタオルを温かいお湯で軽くしぼって、ときどき目のまわりや顔を優しく拭いてあげます。ホコリやゴミ、まだ固まっていない目やになどを綺麗に拭き取ってあげます。

〇目薬を利用する
ホコリが入ったり乾いたりしていませんか?
散歩のあとなどにホコリや雑菌を洗い流すことができる、優しい成分の犬用目薬が市販でも用意されています。また人間用の目薬を使っても大丈夫かという疑問もあると思いますが、涙の成分に近い「人工涙液」目薬なら人間用を代用しても問題ありません。

実際に私も、人間用のソフトサンティアという人工涙液の点眼剤を愛犬に利用することがありますが、なんの問題もありません。ただ長期に渡り常用するのであれば、やはり犬用を使用した方が安心なので1つ常備しておくとよいでしょう。

【ペット用アイケア用品】
A.P.D.Cアイクリーンウォーター

目のまわりの雑菌や汚れを洗い流し、清潔に保つことで眼病予防に。

詳しくはこちらをクリック

 

犬の目やに。取り方、拭き方

コットン

固まってしまった目やにを取るには注意が必要です。本当は頑固な塊になる前にケアできればよいのですが、もしガッチリと固まってしまったら、女性のお化粧用コットンが便利です。

お化粧用コットンはそもそも女性の肌に優しく作られています。ティッシュやタオルではなく、コットンを利用しましょう。コットンはぬるま湯でビチャビチャになるくらい湿らせるのがポイントです。

目やにがついた目頭にしばらくコットンを当て、固まった目やにをふやかします。この時、片方の手で犬のアゴを支えてあげます。もう片方の手でコットンをしっかりと目やにに当てます。水が滴り落ちるくらいコットンが湿っていてOKです。

充分に水分でふやかすことで、毛に絡みついていた目やにがスルスルとはがれやすくなります。目やにが柔らかくなったら、そのままコットンで拭き取って下さい。さいごに濡れてしまった犬の顔を、乾いたコットンで軽く拭いて終了です。

<注意点>
〇毛に絡みついた目やにを無理やり引っ張らないこと

固まった目やにを取り除こうとして、無理やり引っ張ったりゴシゴシこすったりするのはNGです。被毛まで一緒に抜けてしまったり、皮膚を傷める原因になってしまいます。たっぷりの水分で柔らかくなるまで待ってから優しく拭き取ります。


「犬の目やに・涙やけ」ドッグフードで改善!?

ドッグフード

目の病気やケガなど何も原因がないのにも関わらず、目やに、涙やけに悩んでいる。実はそんなワンちゃんもいることをご存じですか?

  • 動物病院で診てもらい、目薬を処方しているけど治らない
  • 被毛を短くして清潔を保っているのになかなか症状がおさまらない
  • 目のまわりは被毛がごっそりと抜け落ちて、赤い皮膚が痛々しい
  • いろいろ試してみたけど、もう打つ手がなくてどうしたらよいかわからない

そんな悩みをもつワンちゃん達が、フードを変えることで涙やけが改善する場合があります。実は涙やけの原因が、毎日食べていた「ドッグフード」だったなんてショックですが、実際に「フードを変えたことで改善した」という実例があります。

粗悪なドッグフードに含まれる脂肪分、添加物、化学物質などの影響で、本来正常に行われるはずの「涙が作られたり、排出されたりする」というしくみが、うまく行われなくなってしまった結果とも言えるでしょう。

だとすれば、薬で一時的に症状が治まったとしても、それは対症療法でしかありません。根本的な原因を取り除かなければ、とうてい治すことは難しいと言えるでしょう。

もし何をやっても改善されずに悩んでいるワンちゃんがいたら、一度フードを変えることを試してみてはいかがでしょうか。良質なフードは腸内環境も正常化され、目やに、涙やけだけでなく、愛犬の健康にも良い影響を与えてくれるはずです。

<注意点>
〇体質改善には時間がかかります

フードを変えてすぐに症状が良くなるわけではなく、体の中を改善していくには半年~1年と長い時間がかかるため途中であきらめてしまい、結局はあれこれと違うフードを与えてしまいがちです。
でもそれでは結論にたどり着く前に、振り出しに戻ってしまうようなものです。根気と焦らない気持ちが必要ですが、事前にフードに関する不安や心配事を調べ、自分で納得できるフードを選択することが大事です。


【オーガニックフード】
YARRAHヤラー

ヤラーは全犬種対応のメンテナンスフードです。種類も沢山あるのでワンちゃんに適したフードが見つかるでしょう。
涙やけにずっと悩んでいたワンちゃんがヤラーに変えて症状が良くなったという飼い主さんもいます。

【YARRAH】のレビューはこちら

  

まとめ

    • 黄色や緑色っぽい目やには、感染症や炎症の疑いもあるので注意しましょう
    • 病気やケガが原因の目やには、動物病院を受診しましょう
    • 普段から目のまわりの被毛のカットや清潔に心がけましょう
    • 固まってしまった目やには、ぬるま湯で充分にふやかしてから取り除きましょう
    • 目やにの拭き取りは柔らかいコットンを利用しましょう
    • 病気でもないのに目やにが治らない場合、フードを見直してみましょう